HOME > [加西店] STAFF BLOG > アーカイブ > 2019年8月アーカイブ

[加西店] STAFF BLOG 2019年8月アーカイブ

浦島太郎で読書感想文書いてみた

 

みなさん こんにちは

加西店 釣田です

勝手に読書感想文を

テキトーに そして

ぎりぎり怒られそうなものを

書いています 

そう需要がまったくない

このブログに また新しく

黒歴史を 刻もうとしております

さて 今回は 浦島太郎で

書いていきたいと思います

この話 前回同様

まったくもって何がいいたいのか

分かりません

そこについて触れながら

書いていきたいと思います

 

 

浦島太郎を読んで

 

誰もが知っているあの昔話

浦島太郎を読みました

というか 記憶があったので

それに付いて書いていきます

まず あらすじとしては

太郎が村の子供にいじめられていた

かめを助けます

すると亀が

お礼をしたいといい

竜宮城に招待されます

そこには乙姫や 

そこに住む魚たちが 出迎えてくれ

豪華な料理や うたげをしてくれました

そろそろ帰ろうとすると

乙姫から玉手箱をもらいました

この箱は絶対に開けてはなりませんと

告げられ 元の場所へ帰ってきました

すると 太郎の知っている人は一人も

いなくなっており

思わず 玉手箱を開けると

白い煙がでてきて

太郎はおじいさんになってしまった

という お話です

これを読んで 僕は

なにこの話。 と思いました

みなさん不思議に思いませんか?

浦島太郎さんは なにか

悪いことでもしましたか?

なんで おじいさんにさせられたのでしょうか

不思議で仕方がありません

可能性があるとすれば

竜宮城に 長居してしまった

ぐらいしか思い当たるところがないです

では 浦島太郎さんは

どうすればよかったのか

この物語の分岐点が4つありますので

一つ一つ見ていきましょう

まず一つ目は

亀を助ける 助けない

さて どちらが正義でしょうか

当然助けるを選ぶはずですよね

助けないを選んで

何が起こるでしょうか

それこそおじいさんにされても

仕方ないと 思いますが

浦島さんは 助けてあげましたよね

正義感の塊のような人です

そして二つ目

竜宮城に行く 行かない

亀がお礼をしたいと誘ってきてるのです

ムリヤリ連れて行け などは

一言も言っていないのです

あくまで 誘ってきているのは 亀です

誘われて行く って悪いことでしょうか

なにも悪くないはずです

みなさんも 友人に遊びを

誘われたら行きますよね?

それって悪い って思わないですよね

当然行くを選ぶと思います

そして続いて3つ目です

長居する 長居しない です

自分の為に開いてくれた宴ですよ

長居して何が悪いのでしょうか

では 逆に考えてみてください

自分の為に開いてくれた誕生日パーティーに

カンパイだけして帰れますか?

帰らなければ 悪くなるのでしょうか

楽しい時間なんてあっという間に

過ぎ去る事でしょう

これに関して 悪い要素など

ないはずです

そして最後の分岐点

玉手箱を開ける 開けない

一番意味が分からないところです

プレゼント貰って 開けないなんて

選択肢ありますか?

ありえないですよねこれ

恥ずかしいから 後で開けて

家に帰ってから開けて

なら まだ分かりますが

開けないでって どーゆーことなんですか?と

じゃぁ 渡してくるなよって話ですよね

え、じゃ なんで渡したの?って

なりますよね

しかも 町に帰ってみたら

知り合いが誰もいません

もう わらにもすがる思いで

開けてしまいますよね

すると 結果

老人にされる 

なにこれ と

何が言いたいのか全く分かりません

昔話同好会の方にお願いして

物語の訂正をお願いしたいものです

 

 


☆N様ブラックコーヒーありがとうございました!

N様からコーヒー頂きました!!

 

写真撮る前に飲みほしてしまいまして画像あげれずすみません\(◎o◎)/

 

いつもありがとうございます!

 

加西店 澤田


ツルの恩返しで読書感想文かけるのか


みなさん こんにちは

加西店 釣田です

学生の皆さんは夏休みの宿題

進んでますでしょうか

もう終わったという方や まだまだ

残ってる という方色々だと思いますが

結構残りがちなのが

読書感想文ではないでしょうか

僕はかなり文字数稼ぎをして

30分以内で描き終えていた記憶があります

僕は本を読むのが 時間かかるしめんどくさい

と思っていたので 昔話の桃太郎などで

書いていました

本は本なので 先生方もなにも

言えませんね

たしか前回 桃太郎でブログを

描いた記憶があるので

今回は ツルの恩返しで

書いてみようと思います

 

 

題 ツルの恩返しを読んで

 

僕は読書感想文を作成するにあたって

本を探しに本屋に行きました

普段活字を読む事に倦怠感を覚えていたので

すこし絵のあるものを選びました

この本を決めたきっかけは 

物語を昔見たことがあったのですが

細かな内容を思いだせないので

復習を兼ねて読んでいこうと思ったからです

あらすじとしては ツルを助けて

人に化けて恩返しをしようとするも

途中で見つかり どこかに行ってしまうという

物語なのですが 僕は

これを読んで 結局ツルは何がしたかったの?

と思いました 

全く何が言いたいのかわからないと思いました

いいことをした人に残ったのは

折かけの布だけ

もはや嫌がらせじゃないでしょうか

そんなに悪いことしましたか?と思うわけです

それがなにかの見せしめだと

いうのであれば 細かく話を分けて

考えていきましょう

結局どうすればよかったのか

考えていきます

まずこの物語の分岐点というのが

3個あります 

まず一つ目

ツルを助けるか助けないか

これは どちらが正義ですか?

当然助けますよね?

助けないで物語が進むでしょうか

普通は助けますよね

では2つ目の分岐点はこちら

吹雪がやむまで 泊めてほしいと

困っている人を入れるか入れないかです

これ断れる人いますか?

明らかに困っている人が目の前でいて

しかもひどい吹雪の中で

いつ死んでもおかしくない状況で

果たして断る理由など

あるでしょうか

こちらも 普通は迎えいれますよね?

皆さんがその立場であっても

おそらく 迎え入れることでしょう

そして最後の分岐点が

襖を開ける 開けないです

自分の家で空けるなって

なんだか 変じゃないですか?

なんなら こっちは場所を貸してる身であり

開けるなと 他人に図々しく言われる

筋合いなど ないはずですよね

ましてや こちらは良心で迎え入れ歩み寄ろうとしているにも

かかわらず ツルは一定の距離を置きたがる

典型的な あってないカップル状態が

目に見えて分かります

そして だめだと言われたことは

したくなるものです

人間だもの。

それが人間の欲です

仕方のないものです

そして開けた瞬間 逃げられる

なんなのこれ と

人として間違ったことをしていないのにも

関わらず

残ったものは織りかけの布のみ

ツンデレがすぎたツルなのでしょうか

自分の羽を犠牲にしながらも

織るというデレに対し

見られたというツンがでかすぎるという

なんともアンバランスな性格を

しているなと感じました

これもツルだからなのでしょうか

とはいえ ハッピーエンドとは

ほど遠いエンディングで

後味が悪いなと思いましたし

織りかけの布を

どうしたのか気になりました

もっと言うなら もっと丁度いい恩返しなかったのかよ

と思いました

続編がでたら 見たいです

そして

今教育という面でも進化してきているこの時代に

文字を書くよりも

ワードで提出とかの方が

現代っぽいと思うのですが

それでも先生たちが文字にして書く

という事をさせているのは

文字の暖かさや

その子の性格なども読み取って

の事なのかなと感じました

 

 

どうでしょうか

最後に読書感想文の感想も加えることで

独創性も出ましたね

読書感想文これで

ばっちりですね

 

 

 

 

 

 


☆N様回転焼きありがとうございました!☆

N様から回転焼きいただきました!!

IMG_3947.jpg

めつtttっつちゃ美味しかったです(^^)

 

わざわざほんとうにありがとうございます!!

 

加西店 澤田


【豆知識】夏は暑い


みなさん こんにちは

加西店 釣田です

最近地元の姫路に帰っていました

特に 何もなかったのですが。

台風という影響もあり お店も閉まっていたり

したかったことができなかったので

すこしショックでしたが

しかたありませんね

電車とかも止まったりして

影響がすごく出た印象だったのですが

皆様 お住まいなど大丈夫だったでしょうか

場所によっては避難勧告とか

出たのではないでしょうか

ちなみに僕は その日

電車やバスが動いているうちに

帰らなければと思い

朝に実家をでて 帰ってきました

お昼は ぐーたらしてたら

寝てたんで 気づけば夜に

なってましたね これが

休みの無駄使いというやつですね

でも ゆっくりできてよかったです

親戚の子供は 見ない間に大きくなっていて

なんなら もう一人増えててびっくりしました

年を感じますね。


nara

カシ.jpg

こんにちは加西店松本ですconfident

いよいよ暑さも本番ですね

今日も3連休お盆真っただ中で朝からたくさんのお客様が来てくださいました。

ありがとうございます。

そんな中先日奈良に旅行に行くと言うお話をカット中にして下さっていたお客様がわざわざおみあげを持って来て下さいましたshineどうもありがとうございます。皆で美味しく頂きました。

これからまだまだ暑い日が続きます、DONNAでスッキリさっぱりしに来てくださいrun

 




みなさん こんにちは

加西店 釣田です

最近 四柱推命に はまってます

中国発祥の考え方なのですが

当たると評判らしいので

本を買ってみました

内容を見たところ すごい

難しい漢字や読みばかり。

さすがだなと思いつつ

楽しませてもらいました

また なにかいいやつあったら

教えてくださいね

 

 


世の中不思議なんてない気がする

 

みなさん こんにちは

加西店 釣田です

僕は普段何考えているか分からないと

言われるのですが

わけのわからないことを考えているか

ホントに何も考えていないかの

2択です

最近で言うとですね

オーラ見える様になりたいと思って

色々試していましたが

ふと オーラの見える原理って

何だろうと思い考えていました

僕なりの結論で言うと

紫外線と赤外線の間に

可視光線というものが存在するのを

ご存知でしょうか

こういったものをエネルギーなんて

いう事もあるのですが

その可視光線 実は色がついているんです

波長ごとに 色が変わっていくのですが

このエネルギーが人から出ているとすれば。。。

と考えました

しかし もちろんですが普通の人は

そのエネルギーを直視することは

まぁないです 

そこで なにかしらのトレーニングで

みえる様になれば 

それはオーラと言われるものなのでは

ないかと考えていました

これが証明できれば 

普通にすごい論文になりそうなのですが

どうなんでしょうね

実際は誰にもわからないので

何とも言えないですね

でも 不思議って

意外と不思議じゃないと思うんです

急に物が落ちて来るのなんでだろうとか

扉が急に閉まったりとか

僕の中での解釈では

地球って動いてるし もの動いても

おかしくないんじゃ? だとか

風なんかでも ありえないことないよなー

だとか 非常に冷めた考えを

してしまいます 

幽霊とかも あまり信じていません

パラレルワールドだとかの影響だったり

ちょっとメルヘンに考えてしまいます

いろんな角度の考え方っておもしろいですよね

皆さんも 答えを一つに絞らず

何個か上げてみるのはいかがでしょうか


校歌って結局なんやったん?

 

みなさん こんにちは

加西店 釣田です

昨日は おやすみをいただいてまして

お家で 映画を観ていました

なので ここで映画評論家バリの

コメントをここでしていこうと思います

 

12人の死にたい子供たち

というのを 見ました

個人的な評価は 星2つ

道徳的な感じの話だったのですが

結局なにがしたかったのか

とか 違和感など 結構見つけてしまい

あまり 入り込むことはできませんでした

なんか俳優や女優を使って

話題性は作れたものの

内容はすこし微妙だなと感じてしまったのが

この評価の要因です

 

 

累~かさね~

を見ました 

個人的評価は星4つ

個人的に好きな映画でした

それぞれヒロインが

奪い合う人間的な欲や才能を

リアルに描いた映画でした

 

 

最後は 22年目の告白~私が殺人犯です~

を見ました

個人的評価は 星4.5

結構オススメの映画です

現実的にはあり得ないですが

ミステリーとしては非常に

良かったのではないかなと思いました

普段ミステリー系の本やドラマを

よく見る人は はまってしまう作品に

なっているのではないでしょうか

 

以上 映画の感想でした。

 

 

なにこのブログ。

 

 


1

« 2019年7月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ